金属部分の劣化防止対策|水災害を受けない為に行う防水工事|安心して暮らすには必要なこと
女性
  1. ホーム
  2. 金属部分の劣化防止対策

金属部分の劣化防止対策

作業員

金属素材を腐食から守る

たとえ木造であっても住宅には手すり部分や外壁・シャッター・雨樋などに金属素材が使われており、屋根も金属製の場合があります。鉄やアルミニウムなどの金属は木材やプラスチックよりも全般に硬度が高く強度に優れますが、特に屋外の環境では雨風にさらされるためそのままでは錆びてしまいます。金属が錆びて腐食が進行すると単に美観を損ねるだけでなく、強度や耐久性も著しく低下してしまうのです。住宅の室内に使われている金属素材と比べても過酷な環境下に置かれる屋外部分は、こうした腐食と劣化を防ぐための塗装が欠かせません。住宅の外回りは木材やコンクリート部分にも塗装が行われていますが、金属塗装には錆びを防ぐために独自の技術が使われているものです。美観を維持すると言うより金属素材を保護する意味合いが強いことから、金属塗装は表面の劣化に伴って定期的に塗り替えを行う必要も出てきます。金属塗装の耐久期間は塗料の種類や塗装方法・気候条件などによっても変わってきますが、10年以上経過したら塗り替えを検討した方がいいでしょう。塗装面に劣化の兆候が見られるようになった段階で塗り替えを実施すれば、屋外の金属素材も長持ちするのです。

下地処理が最も重要

屋外にある金属塗装部分の塗り替えタイミングは、塗装の表面状態を見ることによって判断できます。コーティングされた塗装面にひび割れや剥がれが生じているようなら、たとえ塗装作業から10年を経過していなくても塗り替えサインに相当するのです。一般の人が見てなかなか気がつかないような塗装面の劣化でも、塗装業者などプロの目から見れば一発で見分けられます。金属塗装にも対応している塗装業者では、作業工程の中でも特に下地処理を重要視しているものです。塗装作業に先立って行われるケレン作業では、サンドペーパーや脱脂剤などを使って劣化した古い塗料や汚れ・錆びを入念に落としていきます。防錆効果と塗料定着性を高める目的で、業者によってはさらにリン酸塩皮膜剤などを使って前処理を行ないます。しっかりとした下地処理を施した上で塗料を重ね塗りすることにより、塗料が確実に定着してひび割れや剥がれが起きにくくなるのです。技術力の確かな塗装業者に塗り替えてもらえば、以後10年以上は雨風にも耐えて錆びや腐食から屋外の金属素材を守ってくれます。このような金属塗装の有効性は、同じ家に長く住んでいる人ほど実感しているものなのです。